建築に関する郷土資料日頃何気なく目にする建物ひとつひとつにも物語がある・・・。建築物を通して八幡の町を見てみませんか。普段見ている景色が少し違って見えるかもしれません。
K602

602.1

<開架>
『北九州の近代化遺産』
北九州地域史研究会/編 弦書房/発行 2006年
製鉄、鉄道、港湾、軍事。今も残る近代化遺産を幅広く紹介し、その保存・活用に焦点を当て
提案しています。320の近代化遺産一覧表も巻末に有ります。
K526

<開架>
『北九州市の建築〜明治−大正−昭和初期〜 (第3版)』
片野 博/著 北九州市企画局/発行 1996年
北九州市のルネッサンス構想の重要事業の一つ「門司港めぐり海峡めぐり」をきっかけに編まれた本書。第3版は北九州市と古くから関連のある下関唐戸地区の近代建築もご覧いただけます。
K520

<閉架>

貸出不可
『北九州市の造型 建築15年のあゆみ』
北九州市建築局/編 北九州市/発行 1978年
昭和38年2月10日以降、昭和53年2月9日までに完成したもの、または完成見込みの建造物が掲載されています。著名なものの他に団地や学校、公民館等市民の生活に根ざした建造物も掲載されており、郷土の歴史を身近に感じることができる内容となっています。
K526

<開架、閉架>
『北九州地域における戦前の建築と戦後復興の建築活動に関する研究』
尾道 建二・内田 千彰・開田 一博/執筆 北九州産業技術保存継承センター・九州共立大学/発行
2010年
著名な建築家が設計に腕を振るう時期が、北九州の近代産業の歴史の中にありました。辰野金吾、アントニン・レーモンド、村野藤吾、ウィリアム・メレル・ヴォーリズ・・・。彼らが手掛けた建造物を明治以来の北九州地域の移り変わりの中に位置づけ分析しています。