八幡図書館・郷土資料
MENU
▼所蔵資料のご紹介






▼八幡について知るには




>>よくある郷土の質問集

『郷土資料案内』のご紹介



 北九州市制50周年を記念して、
八幡図書館の郷土資料案内を
つくりました。
  3階一般室にてご希望の方に
配布致しております。 また、PDF
ファイルでもご覧いただけます。
ぜひご利用ください。

閲覧用PDFはこちら
●八幡かるたさんぽ●

 第32回 み  みずかみかずよ 詩碑にひろがる 童話の世界        八幡東区尾倉の小伊藤山公園に、「ふきのとう」という詩が刻  まれた碑があります。教科書にも採用されたこの詩の作者は八幡  市尾倉生まれの詩人・児童文学作家である「みずかみかずよ」で  す。   みずかみかずよさんは高校を卒業し、幼稚園に勤務する傍ら童  話や詩を作り始め、児童文学誌「小さい旗」に参加しました。そ  こで知り合った水上平吉と結婚し、以後夫婦で同誌を支え続けま  した。   1977(昭和52)年、第一詩集『馬でかければ』の出版を皮切り  に次々と作品が本になり、1980(昭和55)年には「あかいカーテ  ン」が小学校国語教科書に掲載されました。以後、「ふきのとう」  「きんのストロー」「つきよ」など7詩がこれに続きました。   しかし、その3年後から身体の不調を訴えるようになり、闘病  の末53歳で亡くなられました。   かずよさんの詩は、愛や生命をたたえる優しさに満ちており、  その作品は今も多くの人に親しまれています。   八幡図書館の児童室には、「みずかみかずよコーナー」があり、  年譜や手書きの色紙などと共に数々の著作を展示しています。   尾倉の小伊藤山公園と共に八幡図書館にもぜひお越しください。 場所:八幡西区岸の浦二丁目6番ほか ( このコーナーでは八幡図書館オリジナルの 八幡かるたを月替わりで紹介します。)                                         11月30日更新
●郷土資料室● 八幡図書館1階に設置しております。 郷土の市史類、逐次刊行物、行政資料などもございます。 八幡について知りたい方はぜひこちらに足をお運びください。
   
          ☆郷土資料ご寄贈のお願い
            八幡図書館では、郷土に関する資料を集めています。
            郷土資料は、時間の経過とともに入手困難となりがちです。
            貴重な郷土資料を後世に伝えていくためにも、郷土資料収集に
            ご協力をお願いします。
            特に入手しにくい社史、記念誌、個人出版や地域の団体の研究
            成果の資料、古い地図等寄贈していただけるものがございまし
            たら、よろしくお願いいたします。




トップページへ       北九州市立図書館の資料検索画面へ