八幡図書館・郷土資料
MENU
▼所蔵資料のご紹介






▼八幡について知るには




>>よくある郷土の質問集

『郷土資料案内』のご紹介



 前回好評だった八幡図書館の郷土資
料案内の続編をつくりました。
1階一般室にてご希望の方に配布
 致しております。ぜひご利用ください。

●郷土資料室展示案内●
九州鉄道の遺構を訪ねて              10月・11月は、今もなお八幡の街中に残る九州鉄道の遺構を        写真も交えてご紹介します。    槻田川に架かる茶屋町橋梁は、明治24年九州鉄道大蔵線の       橋梁として造られました。      市内には鉄道敷設時の施設で残されているものは少なく、    交通史上大変貴重な施設です。    昭和51年には史跡として、北九州市文化財に指定されました。           【展示関連資料】            『DOBOKU 思わず行ってみたくなる130選』       北九州市建設局総務部事業調整課/編集  北九州市建設局総務部事業調整課 2013年      土木の視点から、北九州市の魅力を伝えています。      茶屋町橋梁や東田第一高炉跡、南河内橋といった史跡だけでなく、      北九州の鉄道や観光スポットも紹介しています。      その名の通り、読んだ後は思わず行ってみたくなるガイドブックです。                                                       9月30日更新    
●郷土資料室● 八幡図書館1階に設置しております。 郷土の市史類、逐次刊行物、行政資料などもございます。 八幡について知りたい方はぜひこちらに足をお運びください。
   
          ☆郷土資料ご寄贈のお願い
            八幡図書館では、郷土に関する資料を集めています。
            郷土資料は、時間の経過とともに入手困難となりがちです。
            貴重な郷土資料を後世に伝えていくためにも、郷土資料収集に
            ご協力をお願いします。
            特に入手しにくい社史、記念誌、個人出版や地域の団体の研究
            成果の資料、古い地図等寄贈していただけるものがございまし
            たら、よろしくお願いいたします。




トップページへ       北九州市立図書館の資料検索画面へ