八幡図書館・郷土資料
MENU
▼所蔵資料のご紹介






▼八幡について知るには




>>よくある郷土の質問集

『郷土資料案内』のご紹介



 北九州市制50周年を記念して、
八幡図書館の郷土資料案内を
つくりました。
  1階一般室にてご希望の方に
配布致しております。 また、PDF
ファイルでもご覧いただけます。
ぜひご利用ください。

閲覧用PDFはこちら
●八幡かるたさんぽ●

 第41回 る  ルックスはモダン 村野藤吾の 名を残す             八幡市民会館は、旧八幡市の戦後復興事業として1958   年に開館しました。    皿倉山を背負うようにして立つこの建物は、ホールと美術   展示室を備えた、鉄骨鉄筋コンクリート地下1階、地上4階   建てとなっており、ホールの収容定数は約1450人です。    外観はモダンな茶色のタイルが特徴的で、内部のホールは   音響効果に優れているとして好評で、約60年もの間市民に   親しまれてきました。 建物を設計したのは、日本を代表する建築家の村野藤吾(   1891〜1984)です。村野は北九州で育ち、大学入学   以前は八幡製鉄所で勤務したことがあり、八幡との関わりの   深い人物です。 八幡市民会館は、付近にある八幡ひびき信用金庫の建物等   とともに八幡に遺された彼の数少ない作品の一つでしたが、   建物の老朽化にともない、2016年3月に閉館し、今は使 われていません。 しかし、今後は音楽ホールとしての機能はなくなりますが、 建物は保存され、北九州市立埋蔵文化財センターとして活用   される予定となっています。 残念ながら現在、中を見学することはできませんが、旧八   幡市の復興に思いを馳せながら、外観を眺めに訪れてみては   いかがでしょうか。 場所:八幡東区尾倉2丁目6番5号    ( このコーナーでは八幡図書館オリジナルの 八幡かるたを月替わりで紹介します。)                                           8月31日更新
●郷土資料室● 八幡図書館1階に設置しております。 郷土の市史類、逐次刊行物、行政資料などもございます。 八幡について知りたい方はぜひこちらに足をお運びください。
   
          ☆郷土資料ご寄贈のお願い
            八幡図書館では、郷土に関する資料を集めています。
            郷土資料は、時間の経過とともに入手困難となりがちです。
            貴重な郷土資料を後世に伝えていくためにも、郷土資料収集に
            ご協力をお願いします。
            特に入手しにくい社史、記念誌、個人出版や地域の団体の研究
            成果の資料、古い地図等寄贈していただけるものがございまし
            たら、よろしくお願いいたします。




トップページへ       北九州市立図書館の資料検索画面へ